オリジナルの紙袋はブランドの顔となる

   

今は商品を購入すると、エコを意識したところでなければほとんどのお店で、必ずと言って良いほど紙袋やビニール製の袋に入れてくれます。袋にはお店の名前やロゴ、象徴となる色や柄、マークなどが描かれています。つまり、袋自体がそのブランドの顔とも言える存在です。そのような重要なものとなるのですから、どのお店もオリジナル性のあるあらゆる工夫が施されています。気に入ったお店で欲しいものを手に入れた満足感に加えて、素敵なラッピングとお洒落な袋に包まれると商品価値が上がったように感じます。
特に高級なブランドのものとなると、買い物の後にそのお店の袋を持ち歩く事で、一層鼻が高い気分を味わうことができると考える人もいるでしょう。購入した商品を持ち歩きながら、それを使う事を想像してわくわくするのも買い物の醍醐味です。

業者に依頼する場合の流れ

オリジナルの紙袋を作りたいと考えた場合、業者に依頼することが多いです。そこで、どのような流れで納品されるのかを紹介します。
まず、見積もり、打ち合わせなどを行い、内容や数量の確認をします。ここの打ち合わせの段階ではパッケージアドバイザーが相談にのってくれるところもあるので、不安なことがある場合は事前に話しておくと良いでしょう。それらの詳細が決まれば発注書を送信し、デザインの入稿に移ります。デザインはメールや運送便、転送サービスなどでデータを送ります。そして、入金、発送といった流れで納品されます。

二次使用される袋はブランド価値が高い

袋をみて一目でお店のブランドが分かるものは、そう多くはないです。つまり、そのようなお店はブランド価値が高く、認知度も高いです。女性ではサブバッグ代わりに袋を使う事がありますが、その場合もブランド価値の高いものを使っている人が多いでしょう。オシャレで洗礼されたシンプルなデザインのものが多く、コーディネートの邪魔にならない。高級なブランドのものだと、遠回しに、そのお店で購入したとアピールすることができます。
しかし何よりも、作りがしっかりしている為、二次使用でも問題なく使えて実用性があるのです。他にも、近所の人におすそ分けで、ちょっとしたものを渡す時に役に立つのが二次使用の袋です。スーパーのレジ袋で質素に見えてしまうので、ちょっとしたお店の袋に入れたりします。お店の知らない所で袋は宣伝活動をし、メリットをもたらせてくれている可能性があります。

ピックアップ記事

紙袋を作るなら素材は様々な種類がある

紙袋と一言で言っても種類が様々なあって、例えばコート紙や晒クラフト紙または白色クラフト紙や未晒クラフト紙または茶色クラフト紙など様々です。オリジナルで紙袋を作る際にはデザインも重要ですが、仮に同じデザ...

短納期で紙袋を発注することができます

あらゆるシーンで、紙袋は活用されており、意外に需要が高い製品です。企業の商品紹介のパンフレットを入れるための袋として活用したり、ウェディングの際の引き出物を入れる袋として利用したりされています。そのた...

オリジナルの紙袋はブランドの顔となる

今は商品を購入すると、エコを意識したところでなければほとんどのお店で、必ずと言って良いほど紙袋やビニール製の袋に入れてくれます。袋にはお店の名前やロゴ、象徴となる色や柄、マークなどが描かれています。つ...

紙袋印刷について知っていきたいこと

紙袋は、商品を販売した時にただのビニール袋に入れて渡すよりも高級感かあり比較的販売単価が高いお店で使われています。それはなぜかというとコストがかかってしまうからです。しかし今から紹介する企業さんでは、...


メリット