紙袋を作るなら素材は様々な種類がある

   

紙袋と一言で言っても種類が様々なあって、例えばコート紙や晒クラフト紙または白色クラフト紙や未晒クラフト紙または茶色クラフト紙など様々です。オリジナルで紙袋を作る際にはデザインも重要ですが、仮に同じデザインであっても素材が違えば全く異なった印象にすることができます。なので、目的や用途に合わせてみたり、入れる商品やブランドによって合わせてみても良いでしょう。
さらに素材ごとによっても厚みを選ぶことが可能なので、重いものを入れるときはもちろんのこと、高級感を持たせたいのであれば厚めにすると良いですし、印刷が綺麗に仕上がるものもあります。では、具体的にどのような種類があるのか考察して、それぞれの特徴を理解した上で自分が求めるデザインになるようなものを選んでいきましょう。

様々なシーンでよく見かける種類の紙

最も一般的に見かけるものとして未晒クラフト紙があります。これは包装紙やお米の袋としても見かける茶色の紙で強度が強いことが特徴です。この紙の晒とは漂白のことなので、これは一切漂白をしていないものを意味しています。紙の原料の色をそのまま残しているので、素朴な風合いがある素材です。また、エコやオーガニックなどのイメージを付けることもできるので、そのようなイメージの時には最適です。
続いて半晒クラフト紙は、先ほどとは違い一切漂白をしていないのではなく、半分程度漂白をしたもので、色は未晒クラフト紙よりも薄い茶色と言ったところです。明るい色なので、洗練されていて優しい印象にすることができます。ちなみに色を吸っても紙色が透けないので文字を書いても読みやすく封筒などでも良く使われています。

艶があって綺麗な雰囲気を演出する紙

茶色や薄茶色の紙として未晒クラフト紙と半晒クラフト紙があるが、これはどちらも漂白を完全にしていません。一方で完全に漂白したものもあって、それを晒クラフト紙と呼びます。完全に漂白をすることで紙の色は真白になるが、反対に強度は落ちるデメリットがあります。ただし、ラミネート加工をすればさらに艶を増して美しくすることも可能となり、印刷も綺麗にできるので写真やフルカラーの印刷にも適しています。ちなみに艶の出る加工をしたものを片艶晒クラフト紙と呼びます。
白色の上質の紙の表面に白色の鉱物でできた顔料を塗ったものをコート紙と呼びます。高い印刷適性があり、雑誌や写真集などにも使われています。今まで紹介してきたものの中でも最も高価な紙なので、紙袋として使えば高級感を演出することができます。印刷をした部分に折り目を入れると割れて白い線が出るので、角の部分には印刷が来ないようにするかラミネート加工をしましょう。

ピックアップ記事

紙袋を作るなら素材は様々な種類がある

紙袋と一言で言っても種類が様々なあって、例えばコート紙や晒クラフト紙または白色クラフト紙や未晒クラフト紙または茶色クラフト紙など様々です。オリジナルで紙袋を作る際にはデザインも重要ですが、仮に同じデザ...

短納期で紙袋を発注することができます

あらゆるシーンで、紙袋は活用されており、意外に需要が高い製品です。企業の商品紹介のパンフレットを入れるための袋として活用したり、ウェディングの際の引き出物を入れる袋として利用したりされています。そのた...

オリジナルの紙袋はブランドの顔となる

今は商品を購入すると、エコを意識したところでなければほとんどのお店で、必ずと言って良いほど紙袋やビニール製の袋に入れてくれます。袋にはお店の名前やロゴ、象徴となる色や柄、マークなどが描かれています。つ...

紙袋印刷について知っていきたいこと

紙袋は、商品を販売した時にただのビニール袋に入れて渡すよりも高級感かあり比較的販売単価が高いお店で使われています。それはなぜかというとコストがかかってしまうからです。しかし今から紹介する企業さんでは、...


魅力